カズオイシグロと村上春樹ノーベル賞受賞の決定的な違いはコレだ!

2017年のノーベル文学賞を受賞された

カズオ・イシグロさん。

昨日開かれた会見では、

「私の一部は、いつも日本人だと思っていた」

とコメントされていましたね。

そんなカズオ・イシグロさんですが、

村上春樹さんとのノーベル賞受賞の違いは一体何だったのでしょうか。

気になっている方も多いと思いますので、

早速調べてみることにしました!!

Sponsored Link

カズオイシグロと村上春樹ノーベル賞受賞の違いとは?

2017年のノーベル文学賞は、

カズオ・イシグロさんが受賞されたわけですが、

毎年のように候補に挙がっている

村上春樹さんとの違いは一体何なのでしょうか。

その理由のひとつに、「社会性のある作品」という点が挙げられます。

1994年受賞の大江健三郎さん、2000年の高行健さんなど、

これまでのノーベル賞作家さんは、

社会性があり、ずっしりと重いような作品が多いです。

たとえば、カズオ・イシグロさんの作品である

「わたしを離さないで」の設定はこんな感じです。

彼らの遺伝子によってつくられたクローンの子供たちが成長し、オリジナルに臓器を提供するために内臓を切除され、モルモットのように死を迎えるストーリー。科学と人間の根源的な罪悪がこめられている。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00000015-nkgendai-ent

設定を読んだだけでも、重い感じがしますよね。

このように、ノーベル文学賞は、

社会性がある重い作品が好まれるようです。

村上春樹さんのその卓越した文章力は誰もが知るところですが、

ベストセラーとなった「ノルウェイの森」の

映画版は酷評されていたのだとか。

ですので、ノーベル賞アカデミー会員の好みとは視点が違うことが、

ノーベル賞受賞の決定的な違いだったようです。

ですが、近い将来には村上春樹さんにも

ノーベル文学賞を授けて欲しいものですね。

最近の記事